浅草

浅草国際通りの自販機が建物にめり込んでいる件。こういうの好きです。

投稿日:2011年8月13日 更新日:

 

国際通りにそびえ立つ浅草ビューホテルはご存じだろうか?

その正面入り口から北に約20メートルほど行ったところに、

古い小さなワインレッドの建物がある。

放っておけません

昭和レトロな佇まいとくすんだ色合いと、

哀愁が漂っていてとても放ってはおけません。

ボロボロのネオン管、PUの次はBだろうか、、、。

その下にはASAKUSA CLUBとある。

現在、まさかこれで営業はしていないだろう。

違和感

なんだか変な違和感を感じ、しばらく眺めていると、、、

 

そうだ、

自動販売機が壁にめり込んでいる事にやっと気がついた。笑

 

 

街に遊び心

 

しかも、そこはもともとこの建物の入り口でドアがあったところに自販機をすっぽりはめ込んだ様子。

事情は知らないけれど、この遊び心というかなんというか、嫌いじゃありません。

 

こういう光景、見るだけでなんとなく安心しませんか?

適当加減というか、結果オーライといえばいいのか。

 

これにはなんだかのメーッセージが込められているのかもしれないけれど、

今の俺にはそこまで読み取ることができません。

 

「アイデアとは既存の要素の新しい組み合わせ」という言葉を思い出します。

建物の入り口に自動販売機をあてはめるというこの組み合わせを、

私はこれまでに見たことがありません。

 

そしてこのアイデアは街に遊びをもたらしています。

ちょっと脳みそをほぐしてくれる、刺激してくれる。

でも一番楽しんだのはこれを思いついた人ですねきっと。

 

気持ちのいい、腑に落ちる嵌り具合です。

 

バイオハザードっぽさもあります。

これをここによいしょと押し込んだら何が起こるのだろうか。

上の窓がパリンと割れて、奇獣が飛びおりてきそうです。

いや、それとも、ここに自販を埋め込むことで、中からゾンビが出てくるのを防いだのかもしれません。

奥からうめき声が聞こえてきそうな佇まいです。

 

ぜひここで待ち合わせを

 

それに、自販の上には丁寧に屋根までついている。

雨の日も大丈夫。

 

さらに夕暮れ後、右の灯りがともったりしたらなんかいい雰囲気が出そうです。

ここで友人や恋人と待ち合わせするのも楽しいかもしれません。

私はまだやったことがないけれど、近いうちにぜひやってみたいです。

なんだかこういうものに魅かれてしまいます。

 

 

・気になる本 
路上観察学入門

 

 

-浅草

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

関連記事

浅草で大道芸を観賞!こんなに白い人を始めてみました。

六区方面から浅草寺方面へと花やしき通りを歩いていると、前方に小さな人ごみを発見。 佇立白人 群衆の視線の先には、白い物体が直立不動で立っているように見える、、、。  パントマイム?の様です。手前の器に …

さすが浅草!路上紙芝居がまだやっていた!

花やしきの入り口付近で路上紙芝居をする男性。 定期的に出没? 以前もこのあたりで見かけた事があったような、、、。定期的に出没しているようである。 この日、日曜日という事もあってかこの間見かけた時とは打 …

浅草六区のくじら屋「捕鯨船」が昔あった場所を突き止めた!

浅草観音温泉の裏路地を歩いていると、駐輪所の柵に張り付いた周辺地図を発見。なんとなく眺めていると、、、。 くじら屋を目指す なんともなしに地図を眺めていると、「捕鯨船」の三文字を発見!これは私が以前か …

今は亡き浅草六区のひょうたん池に思いを馳せる。

浅草寺の境内とその所有地は明治15年に公園地として整備され、一区から七区まで分けられたそうだ。 その時六区に指定されたのが、現在でもそう呼ばれている興行街の六区である。そしてこの六区に寄り添うように瓢 …

浅草地下街!昭和レトロとエスニック料理が味わえる贅沢な空間。

「昭和レトロ」や「エスニック料理」好きなら、「浅草地下街」は一度覗いてみるべきだ。ここは、昭和レトロとエスニック料理を同時に楽しめるという、時空を超えたリアルエンターテイメント空間なのである。 週末、 …