浅草

浅草六区のくじら屋「捕鯨船」が昔あった場所を突き止めた!

投稿日:2011年7月14日 更新日:

浅草観音温泉の裏路地を歩いていると、駐輪所の柵に張り付いた周辺地図を発見。なんとなく眺めていると、、、。

くじら屋を目指す

なんともなしに地図を眺めていると、「捕鯨船」の三文字を発見!これは私が以前から気になっていた居酒屋なのだ。

「♪煮込み~しかな~い~くじ~ら~屋で~♪」

ビートたけしさんの名曲「浅草キッド」の歌詞にでてくる「くじら屋」に前々からぜひ行ってみたいと思っていた。そのくじら屋ははたして現存するものなのかどうかということも疑問に思っていた。そしてもしその店が存在するのなら、きっと「煮込みしかない」わけないどうろうとも。でもほんとに煮込だけの店であって欲しいと言う淡い期待も心のどっかにあったのである。それはそれでとても魅力的ではないか。

動画を発見

そんなある日たまたま見つけた動画(テレビ)でこの捕鯨船というくじら屋が紹介されていたのである。入った事はないのだけれど、浅草六区にも捕鯨船という居酒屋がある事は知っていた。でもその動画で紹介されていた「捕鯨船」は、店周辺の様子からしてどうも六区のものとは違うようだった。そして、この捕鯨船は一体どこにあるのだろうとずっとひっかかっていたのだ。この動画、ビートたけしさんの様子からしてだいぶ前のものと思われるが、、、。

たまたま発見した地図を頼りに

そしていつものように浅草をブラブラしていると、前述の地図をたまたま発見したのである。その地図によると、探し求めていた「捕鯨船」はどうやら花やしきの裏手にある。言問通り側にある。

これは行くしかないということで、独り捕鯨船に乗りこむべく意気揚々と歩きだした。これまではホッピー通りでしかくじらを食べたことがなかった。捕鯨船のくじらを食べなければ、ほんとうの意味でくじらを食べたことにはならないのではないだろうか、本当の浅草を知るなんてとても簡単じゃないにしろ、捕鯨船のくじらを食わなければ、そのスタートラインにすらも立てていないのではないだろうか。

そんな難しいことは微塵も考えずに、私はただただ空腹を満たすためだけに張り切って地図が示す場所へと向かったのだ。

そして数分後、地図の通りにそれらしき場所にたどりついたのだが、、、

しーん。

「捕鯨船」の文字もそれらしき居酒屋の姿も見当たらず、代わりにシャッターの降りた無愛想な建物が現れた。どう見ても商売をしているようには見えない。周辺一帯を一通り見て回ったが、やはりそれらしき店は見当たらない。

もう一度位置を確認すべく、律儀にも地図がある路地まで戻ったが、残念ながらこの無愛想な建物に間違いないようだった。

だいぶ前に六区へ移動したみたい

あとで調べてみると、平成12年に六区へ移転したという事が判明!現在の六区の「捕鯨船」が実は11年以上前にはこの場所にあったということらしい。どうやら、舟は移動した様である。六区と言う名のよりよい漁場を求めて、、、。 

古い地図のおかげで

歌の歌詞に出てくる煮込みは、もちろん捕鯨船がまだこの場所にあった時の煮込みのことを指しているのである。あの浅草観音温泉の裏にあった地図も、11年以上も前のものさ。今日私は六区の方からひさご通りを抜けて、もと捕鯨船のあった場所へとひとり歩いた。このルートはきっとたけしさんがまだ浅草の売れない芸人だったころによく使ったルートなのだと思う。

夕方、六区のフランス座の方からとぼとぼと歩いて、ひさご通りを抜けて、よくここへ飲みに来ていたに違いない。そう考えると、なんだか感慨深いものがある。しみじみ。

帰りは、そのルートを逆に六区の方へ戻り、フランス座の向かいにある「居酒屋たけ」に立ちよって鳥さしを食べて帰った。

 

・おすすめの本

浅草キッド (新潮文庫)

漫才病棟 (文春文庫)

少年 (新潮文庫)

-浅草

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

関連記事

今は亡き浅草六区のひょうたん池に思いを馳せる。

浅草寺の境内とその所有地は明治15年に公園地として整備され、一区から七区まで分けられたそうだ。 その時六区に指定されたのが、現在でもそう呼ばれている興行街の六区である。そしてこの六区に寄り添うように瓢 …

浅草国際通りの自販機が建物にめり込んでいる件。こういうの好きです。

  国際通りにそびえ立つ浅草ビューホテルはご存じだろうか? その正面入り口から北に約20メートルほど行ったところに、 古い小さなワインレッドの建物がある。 放っておけません 昭和レトロな佇ま …

浅草「初音小路飲食店街」の藤棚をくぐろう!休日は昼間から酒臭いぞ。

  浅草寺からGO!  浅草寺の五重塔側にある西参道に入り、木馬館や呉服屋通りを過ると、右手角に現れるのがレトロな雰囲気を醸し出す「喫茶店サニー」。そこを右に折れると、路地に屋根をかけるよう …

さすが浅草!路上紙芝居がまだやっていた!

花やしきの入り口付近で路上紙芝居をする男性。 定期的に出没? 以前もこのあたりで見かけた事があったような、、、。定期的に出没しているようである。 この日、日曜日という事もあってかこの間見かけた時とは打 …

浅草で大道芸を観賞!こんなに白い人を始めてみました。

六区方面から浅草寺方面へと花やしき通りを歩いていると、前方に小さな人ごみを発見。 佇立白人 群衆の視線の先には、白い物体が直立不動で立っているように見える、、、。  パントマイム?の様です。手前の器に …