浅草

浅草で大道芸を観賞!こんなに白い人を始めてみました。

投稿日:2011年7月23日 更新日:

六区方面から浅草寺方面へと花やしき通りを歩いていると、前方に小さな人ごみを発見。

佇立白人

群衆の視線の先には、白い物体が直立不動で立っているように見える、、、。 

パントマイム?の様です。手前の器にコインを入れてくれと、群衆に訴える姿で静止。約十秒ごと、ポーズがじりじりゆっくりと変化し、それ以外の時間は微動だにせず。

コインを入れようか入れまいか迷っている様子の3人組

お客さんが前の入れ物にコインを入れてあげると、、、

と、こうなります。もちろんかなりゆっくりとこのポーズに至ります。子供たちも興味津々の様子。

この場所では毎週末大道芸らしきものが行われているようなので、今後も出没状況を調査していきたい。

-浅草

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

関連記事

浅草六区のくじら屋「捕鯨船」が昔あった場所を突き止めた!

浅草観音温泉の裏路地を歩いていると、駐輪所の柵に張り付いた周辺地図を発見。なんとなく眺めていると、、、。 くじら屋を目指す なんともなしに地図を眺めていると、「捕鯨船」の三文字を発見!これは私が以前か …

浅草国際通りの自販機が建物にめり込んでいる件。こういうの好きです。

  国際通りにそびえ立つ浅草ビューホテルはご存じだろうか? その正面入り口から北に約20メートルほど行ったところに、 古い小さなワインレッドの建物がある。 放っておけません 昭和レトロな佇ま …

浅草地下街!昭和レトロとエスニック料理が味わえる贅沢な空間。

「昭和レトロ」や「エスニック料理」好きなら、「浅草地下街」は一度覗いてみるべきだ。ここは、昭和レトロとエスニック料理を同時に楽しめるという、時空を超えたリアルエンターテイメント空間なのである。 週末、 …

今は亡き浅草六区のひょうたん池に思いを馳せる。

浅草寺の境内とその所有地は明治15年に公園地として整備され、一区から七区まで分けられたそうだ。 その時六区に指定されたのが、現在でもそう呼ばれている興行街の六区である。そしてこの六区に寄り添うように瓢 …

さすが浅草!路上紙芝居がまだやっていた!

花やしきの入り口付近で路上紙芝居をする男性。 定期的に出没? 以前もこのあたりで見かけた事があったような、、、。定期的に出没しているようである。 この日、日曜日という事もあってかこの間見かけた時とは打 …