アンコールワット カンボジア シェムリアップ

バンコクから直通バスで楽々シェムリアップへ。国境のビザ詐欺師や賄賂に要注意。

投稿日:2017年1月9日 更新日:

 

 

タイの旅の間、お隣カンボジアのシェムリアップへ足を伸ばした。

世界遺産、アンコール遺跡を観光するためだった。

バンコクのモーチット2バスターミナル(北バスターミナル)からシェムリアップへの国際直通バスが出ている。

この直通バスはバンコク、アランヤプラテート、ポイペト、シェムリアップと乗り換えいらずに貫いてくれる点が優れている。

陸路でアンコールワットを目指す人にはこのバスがお勧め。

 

 

料金は750バーツ、主要時間は7~8時間(約424キロ)、エアコン、トイレ付、昼食(軽食)付き、座席数は30席以上

 

Exif_JPEG_PICTUREカンボジア、シェムリアップ。


 

 

カンボジアのビザは国境で取れる。が、賄賂を要求されるという噂?

 

初めにビザの話をしておきたい。

 

観光目的でカンボジアに入国する場合、観光ビザ(シングルビザ30日)が必要になる。

では、どこでビザを取るべきか?

 

今回、私はバンコクのカンボジア大使館で予めビザを取得しておいた。

国境のビザオフィスで要求されると噂の賄賂が面倒だったのと、大使館へ赴く時間的余裕があったから。

 

オンラインで取れるe-visaと国境での取得も一般的、好きな方法で取ればよい。

 

それぞれの違いは、料金と手間と安心感といったところだろうか。

 

料金は、

 

  • バンコクのカンボジア大使館:即日発効で35ドル(1200バーツ)、申請から3営業日後の発行で30ドル(1000バーツ)
  • 陸路国境超えの際にカンボジアのビザオフィスで取得:30ドル
  • ウェブで取るe-visa:30ドル+システム処理量7ドルで合計37ドル。数日後にメールで来たビザをプリントアウトする流れになる。

 

 

カンボジアのビザオフィスで賄賂要求?

 

カンボジアのビザオフィスでビザを取得する場合、係員に賄賂を要求されるケースもあるらしい。

しかし同時に「断ったら払わずに済んだ」「ごねていたら相手が諦めた」などのエピソードもあり、それほど心配すことではない気もする。

質の悪い係員に当たらなければ大丈夫、といったところだろうか?

仮に要求されたとして100~200バーツ程度(300~600円ほど)だろう。

 

今回、たまたま一緒に国境を越えることになったとある日本人男性がいた。

彼は国境のビザオフィスで取得をしてからカンボジアへ入国した。

早く手続きを終えた私はバスで多少心配しながら待っていたが、ついに遅れて乗って来た彼に聞いて見たところ「1000バーツきっかりで賄賂の要求はなかった」との証言を得ている。

 

前述の通り、国境でのビザ取得が最も安上がりだが、もし心配な人は事前取得をおすすめしたい。

 

 

 

バンコクモーチット2バスターミナルからシェムリアップ到着までの流れ。

 

 

Exif_JPEG_PICTUREモーチット2バスターミナル(北バスターミナル)。

 

 

シェムリアップ行き直通バスのチケットブースは、バスターミナル一階の待合エリアにある22番。

手前の入り口から待合エリアへ入っていった場合、ベンチの列を挟んだ奥に並ぶチケットブースの中央あたりに22番のブースがある。

係員にブースの場所を尋ねるなら「ソーンスィップソーン(22番)」か「 TO シェムリ―プ(シェムリアップ)」で分かってくれるだろう。

 

 

 

Exif_JPEG_PICTURE一階の待合エリアとチケットブース。

Exif_JPEG_PICTURE22番のチケットブース。

 
 
 

バスは朝8時と9時発

 
 
 
シェムリアップ行きバスの出発時刻は朝の8時発と9時発の二便。
バス乗り場は106番で、22番のチケットブースの左脇から外へ出たとこ辺りにある。
  
予約は以下の電話番号(おそらくタイ語、英語のみ)と予約サイトからも可能。
 
 
電話番号:0066 (0)2 936 0657 (call center) 1490

thai ticket major

 

 

106番乗り場から乗車

 

 

Exif_JPEG_PICTURE106番乗り場。欧米人を中心とした乗客に混じり乗車。

Exif_JPEG_PICTURE車内風景。

 

 

 

 

アランヤプラテートで出国手続き。ビザ詐欺師はシカトせよ。

 

バンコクからアランヤプラテートまでは3~4時間ほど。

私の場合、アランヤプラテートに到着したところで昼食を配布され、腹ごしらえが済んだところで出国ゲートへ向かうという流れだった。

 

 

Exif_JPEG_PICTUREお粗末だが昼食付。ミネラルウォーターや軽食も。

 

 

乗客は出国毛との手前でバスを下ろされる。バスはカンボジア側へ先回りして、タイ出国・カンボジア入国手続きを終えてやってくるはずの乗客たちを待つことになる。

バスを降りる前に、添乗員がバス会社の写真が入ったカードを配る。これを終始首から下げてカンボジアに入国してからバスの添乗員に返す。これをぶら下げていたからか、入国してからバスの場所が分かり辛かったのだが、見知らぬおじさんが教えてくれたりした。

また、出国カードに記入することになるバスナンバーを添乗員が教えてくれるのでメモ。私の場合は#15-7751だった。

 

“Passport, please!”

 

乗客は、出国ゲートの手前でバスを下ろされる。

今度このバスに出会うのはカンボジア側、ここから先は各々で出国・入国手続きを終えなければならない。

 

ここで注意しなければならないのが、バスの外で待ち構えている怪しい男たちだ。

バスを降りて早々”Passport, please!”などと声を掛けながら近寄って来る。

恰好こそ私服だが、あたかも出国手続きの係員を装った彼らは「ビザ詐欺師」。

無視してさっさと出国ゲートへ向かえばよいのだが、初心な旅行者は素直にパスポートを見せてしまう。

ここでもしパスポートにカンボジアのビザが見当たらないと

 

「ビザがないじゃないか。出国してからでは取れないぞ!?」

 

と嘘をついてこちらの不安を煽る。

 

実際は出国した後にあるカンボジア側のビザオフィスで取ればよいだけの話だが、この嘘を真に受けてしまうとぼったくり料金でビザを取らされる羽目になるというわけ。

おそらく民間業者のオフィスに連れて行かれるはず。

 

こうした輩は相手にせずにさっさと出国ゲートへ向かえばなんともないので大丈夫。

 

 

Exif_JPEG_PICTURE出国ゲートへ続く通路。ただ黙々と向かえばよい。

Exif_JPEG_PICTURE階段を上がり、イミグレーションへ。

 

階段にはすでに行列ができている。この時は、2列できていて、左側がタイ人の列、右側が外国人の列だった。

 

 

 

Exif_JPEG_PICTUREアランヤプラテートからポイペトへ戻るカンボジア人だろうか。リヤカーを引いた人たちの行列も。

 

 

 

パスポートと記入済の出入国カードを係員に渡すと、すんなり通してくれた。

これでタイ、アランヤプラテートを出国、次はカンボジアのポイペトへと向かう。

タイとはしばしの間お別れです。

 

 

 

Exif_JPEG_PICTUREタイ出口。一端お別れするタイランド。

Exif_JPEG_PICTUREむこカンボジアアンコールワット

Exif_JPEG_PICTURE

 

 

 

ポイペトでの入国手続き。ビザがまだなら手前で取得。

 

 

次はカンボジア、ポイペトの入国ゲートへ向かう。

冒頭で述べた通り、ビザがまだなら手前のビザオフィスで申請、取得しなければならない。

ちなみに、私はビザを事前申請していたので、ビザオフィスの場所が定かではないが案内が出ているはずなので難しいことはないはず。

 

この間にもうようよしている詐欺師に声を掛けられるかもしれないが耳を貸さなくていい。

 

 

Exif_JPEG_PICTURE入国ゲート。ビザがあるなら直接ここへ。

Exif_JPEG_PICTURE入国審査を終えたら、待機中のバスへ。これですべて終了。

Exif_JPEG_PICTURE国境付近は活気がある。

 

 

バスを降りてから出国・入国手続きを終えて戻ってくるまで約2時間ほどかかった。

 

 

 

 

シェムリアップのバス発着場へ到着

 

 

カンボジア入国を無事終えて、ポイペトからシェムリアップまでは3~4時間ほど。

窓から眺める景色はより東南アジアの原風景を思わすものへ。赤土が主張を強くしていき、ところどころ舗装の荒れた道も。

 

バスが到着したのは、シェムリアップの中心部から少し外れにある発着場だった。

 

 

Exif_JPEG_PICTURE発着場に無事到着。周辺はタイにはない、田舎っぽさ。

Exif_JPEG_PICTUREレートはいまいちだが、両替所もある。

 

 

ホテルの迎えを頼んでいない場合、群がるトゥクトゥクのドライバーと値段交渉の末各々の目的地へと向かうことになる。

 

 

Exif_JPEG_PICTURE東南アジアの原風景に胸躍る。タイには無くなってしまった雰囲気かも、、、。

 

 

 

 

カンボジア旅行に最適の海外プリぺイドカード

 

 

現金と海外旅行に適したクレジットカード以外に海外プリペイドカードを一枚持っておくと盗難・紛失へのリスク管理になる。

海外プリペイドカードは事前に口座に入金した金額分だけショッピングや現地ATMでの外貨引き落としができる便利なカード。

中でも手数料が日本最安の格段にお得なマネパカードはおすすめ。もちろん米ドル対応なのでカンボジア旅行にも打って付け。

 

 

 

 

 

 

 

カンボジアのお土産を通販で買う

 

カンボジア旅行のお土産は日本から通販で買うこともできる。

通販で買えるのはお菓子や酒類、小物類などの定番商品が中心となり、職場や友人に無難なお土産を配るのに向いている。

現地から身軽に帰国したい場合や帰国後の買い忘れの補充にも最適。

タイやカンボジアのお土産通販サイトはこちらの記事を参考に。

 

 

 

-アンコールワット, カンボジア, シェムリアップ

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

関連記事

シェムリアップの風俗。レストランに娼婦?凸凹道の奥に現れた怪しい館は?

      シェムリアップの夜遊びスポットは欧米人で賑わうパブストリート、という事になっている。 まるでバンコクのカオサンの一部を切り取って磨いたような一角には、欧米人向きのおしゃれなパブや …

シェムリアップの男旅、四泊五日の予算はいくら?

    シェムリアップは世界的な観光都市。一方で、土埃の舞う、東南アジア風情が残る街だった。     ざっと五万五千円かかった。   結論から言うと、アンコール遺跡群観光 …

アンコールワット遺跡観光の手引き。定番コース「大回り」と「小回り」、見学レポートまで。

  カンボジアのアンコールワットを観光してきた。 タイのバンコクからバスでカンボジアのシェムリアップへ。シェムリアップはアンコール遺跡観光の拠点となる町で、中心となる遺跡群からは約6キロほど …

カンボジアはエイズ大国?旅行者が特に注意するべき点は?

        カンボジアのHIV感染率はまだ高いが減少傾向にある           カンボジアのエイズ患者を含むHI …

バンコクのカンボジア大使館で観光ビザを取るには?

  タイの場合、日本国籍であれば、30日以内の観光目的の滞在をビザ無しで認めている。 ところが、お隣カンボジアの場合、観光には観光ビザの取得が必須となる。   今回、バンコクから国 …