タイ パタヤ ホテル

パタヤの夜遊びエリアに近い2~3千円代高評価ホテル。

投稿日:2016年10月11日 更新日:

 

パタヤで夜遊びし易そうな立地のホテルに泊まってみた。

今回はノースパタヤとサウスパタヤにあるホテルを一つずつ紹介してみる。

 

宿泊料金は一泊2000円~3000円ほどのお手頃な中級レベル、それでいてアゴタやエクスペディアなどの予約サイトでも高評価の質の良いホテルを選んだつもり。

ちなみに、宿泊時期は七月だった。これはタイ観光のオフシーズンにあたり、ホテルの宿泊料金も割安になっていた可能性がある。

 

パタヤには無数のホテルがあって選ぶのも一苦労、夜遊びする予定の方は参考にしてみてはどうだろう。

 

 

パタヤの夜遊びエリアとホテルマップ

 

 

 

ウォーキングストリートに近いHoney Lodge

 

 

 

パタヤの最大の歓楽街、無数のゴーゴーバーが犇めくウォーキングストリートに近いハ二ーロッジ。

ウォーキングストリート入り口の門から徒歩で五分とかからない立地。

 

 

 

Exif_JPEG_PICTUREウォーキングストリート。

Exif_JPEG_PICTURE

ハニーロッジ入り口。ウォーキングストリートから徒歩五分。

 

Exif_JPEG_PICTURE

フロント付近

Exif_JPEG_PICTURE

エレベーター付近。

Exif_JPEG_PICTURE

Exif_JPEG_PICTUREテレビ。

Exif_JPEG_PICTURE

トイレとシャワーは別々。もちろんお湯も出る。

Exif_JPEG_PICTURE

ちょっとしたバルコニー付。

 

 

特別新しくも綺麗というわけでもないが、清掃は行き届き、夜遊び用としては十分。

スタンダードルーム、プール付き、朝食無しで3500円ほど。

 

 

 

予約

 

 

サウスパタヤ、ハニーロッジの予約はこちらから。

 

 

 

ノースパタヤ、有名マッサージパーラーも近いSabai Lodge

 

 

ノースパタヤは人気のマッサージパーラーが多いエリア。

 

もちろんバービア街はパタヤ中に点在しているので、ノースエリアでも容易に見つけることができる。

 

 

Exif_JPEG_PICTURE

マッサージパーラー「サバイディー」も近い。

Exif_JPEG_PICTUREパタヤソイ(路地)2にあるサバイロッジ。

Exif_JPEG_PICTURE

入り口。

Exif_JPEG_PICTURE

フロント付近。

Exif_JPEG_PICTURE

フロントのすぐ奥はプール。なんとも開放的な作り。かなりいい感じ。

Exif_JPEG_PICTURE

プールを取り囲むように部屋が並ぶ。まるで回廊のよう。

Exif_JPEG_PICTURE

高級感すら漂うデラックスシングルルーム。

Exif_JPEG_PICTURE

Exif_JPEG_PICTURE

Exif_JPEG_PICTURE

 

シャワールームはバスタブ付き。朝食無し、プール使用付きで一泊2500円ほどだった。

 

値段の割にとても質が良く、一人で泊まるにはもったいないホテルだった。

ノースパタヤに泊まるならサバイロッジはお勧め。

 

 

 

 

予約

サバイロッジの予約はこちら、その他のパタヤのホテルはこちらへ。

 

-タイ, パタヤ, ホテル

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

関連記事

no image

タイの地域犬。狂犬病やスリン県で襲われた話。

カンチャナブリーのゲストハウスやホテル、夜遊びスポットを紹介する。

カンチャナブリー観光におすすめのクウェー・ヤイ川を望めるゲストハウスを2つ、そして街一番のマッサージパーラーと近くのホテルを2つ紹介したいと思う。     以下のマップにはこれから …

「褐色」からの逃走?タイの美人観について。

「白い肌」に憧れる人々 あなたの肌は透き通るような色白だろうか?それとも健康的な小麦色の肌をしているだろうか? 日本人はいわゆる「黄色人種」に分類されるが、じっさいには黄色と言うよりはもう少し白みがか …

タイの水かけ祭り(ソンクラーン)の期間、毎年多くの命が失われる。

  私は2014年の2月末から5月の頭までタイを一人旅をした。 今回の滞在中、タイの旧正月を祝うソンクラーンフェスティバルを初めて経験したのだが、 色々と考える所があった。   & …

カンチャナブリー観光。噂の「死の鉄道」で行く風光明媚な世界。

  アユタヤ王朝時代、ビルマに対する防衛のために造られたカンチャナブリー。 ここは、バンコクから西方に116キロ離れた郊外の風光明媚な観光地として有名である。   主要な観光スポッ …