カオサン ゲストハウス タイ バンコク ホテル

カオサンロードまで徒歩圏内、2~3千円代の静かで綺麗な高評価ホテル。

投稿日:2016年7月25日 更新日:

 

 

 

カオサンロードは連日朝までお祭り騒ぎだ。

中心部に立地するゲストハウスやホテルに泊まると、場合によっては朝まで騒音との戦いになる。

20代の若者がオールナイトで遊ぶならそれも構わないが、カオサンの雰囲気を味わえれば満足の大人の旅行者や家族連れならすこし離れた場所に宿を取るのが無難だ。

 

そこで、カオサンロードに歩いて5~10分圏内、料金もオフシーズンなら2~3千円とお手頃な割に宿泊客からの評価も高いホテルを2つほど紹介してみたい。

 

 

 

 

バン・トゥンダン・ブティックホテル/Ban Thungdang Boutique Hotel  

 

 

 

 

Exif_JPEG_PICTURE

白を基調としたバン・トゥンダン・ブティックホテル。カオサンまで徒歩10分ほど。

 

 

バン トゥンダン ブティック ホテル はカオサンロードまで徒歩10分以内。夜カオサンで遊んでも、十分歩いて帰って来れる。

 

どこから、どのような交通手段で向かうにせよ、まずは民主記念塔を目指すとよい。

民主記念塔から3分ほど歩けばたどり着ける。

 

路地の奥の立地のため「場所が分かり難い」というレビューもあるが、このくらいたどり着けなくてどうする?と突っ込みを入れたくなるほど大して難しくはない。

後半で民主記念塔からの行き方を詳しく説明する。

 

 

 

Exif_JPEG_PICTURE

フロント付近。全体的にシンプル、シックな印象。スタッフは親切。

 

Exif_JPEG_PICTURE

二階への階段。今回は一回に宿泊。

 

Exif_JPEG_PICTURE

 

Exif_JPEG_PICTURE

 

Exif_JPEG_PICTURE

 

もちろん、トイレ、シャワー付き。シャワーはホットシャワー。

二階建ての小さな佇まいゆえ、夜景などは楽しめないものの、カオサンエリアやワット・プラケオ、ワット・ポーなどのバンコク主要観光スポットへのアクセスは良好。

 

 

 

 

民主記念塔からの行き方

 

バン トゥンダン ブティック ホテルのレビューに「場所が分かり難い」という意見がちらほらとあるので、わかりやすく道のりを説明したいと思う。

かなり簡単なので心配無用。

 

 

Exif_JPEG_PICTURE

民主記念塔。戦勝記念塔と混同しないように。

 

民主記念塔を南北に貫くDinso Rdの塔南側を南下する。

 

 

Exif_JPEG_PICTURE

民主記念塔を背にし、南下する。

 

 

 

Exif_JPEG_PICTURE

二つ目のソイ(路地)、Trok Sinを右折。

 

ソイ、Trok Sinを右折し、両脇のローカル食堂を抜け一つ目の角を右折したら、あとはソイの一番奥に佇むホテルが視界に入る。悩み無用、なにも難しいことはない。

 

Exif_JPEG_PICTURE

袋小路にある。

 

 

タイの路地はみなそうだが、やはりこの路地周辺にも犬がいる、しかし旅行者にも慣れているため吠えてくるようなことはないし夜は民家に囲うのか姿が見当たらなかった。

 

上の写真にも写っているが、バン トゥンダン ブティック ホテルの手前にはバーン ディンソー ホテルがあり、また周辺にもホテルが点在している。地域住民も旅行者慣れしているはずなので余計な心配はいらない。

 

その他には、路地の片隅にしゃがみ、白昼堂々と胸を肌蹴たおばちゃんがじっとこちらを見つめていたりもするが、これもバンコク下町路地ならではの風景と思って楽しもう。

バン トゥンダン ブティック ホテルの予約はこちらから。

 

 

アマダスハウス/Adamaz House 

 

Exif_JPEG_PICTURE

ADAMAZ HOUSE。

 

カオサンロードとチャクラポン通りの交差点からアダマスハウスまでは約300メートルほどの道のり。

チャクラポン通りからプラ・スメーン通りに突き当たったら左折し100メートルほど歩いたところに看板が出ている。人がすれ違うのも難しいほどのか細い路地の奥に隠れている新しいホテルだ。

 

Exif_JPEG_PICTURE

細い路地には好奇心を擽られる。

 

                                                                      
Exif_JPEG_PICTURE
昼間の受付の女性は英語が出来る。タイの事を色々と教えてくれる。 
Exif_JPEG_PICTURE

入り口付近には常時軽食が用意されている。トースト、コーヒー、オレンジじュース、バナナ、菓子などがあり朝食としてもおやつとしても全宿泊者利用可能。

Exif_JPEG_PICTURE
部屋は二階。窓の外は民家やモスクが見える。

 

Exif_JPEG_PICTURE

宿泊は金曜の夜だった。モスクでは夜中まで礼拝が行われていた。

Exif_JPEG_PICTURE

ちょっとした作業机もあり、パソコンもいじりやすい。

 

Exif_JPEG_PICTURE

AMADAZ HOUSEのラベルが付いた水。もちろん無料。

カオサンロードからAMADAZ HOUSEまでの道のり

カオサンロードからチャクラポン通りへでて北上、プラ・スメーン通りに突き当たったら左折、約100メートル歩くと看板があるのでか細い路地へ入りひたすらまっすぐ歩けば左手に現れる。

 

Exif_JPEG_PICTURE

チャクラポン通りとプラ・スメーン通りの交差点にはこんなグラフィティーアートも。カオサンの路地裏もしかり、タイの地方都市もしかり、あらゆる街角でグラフィティーは盛んだ。

 

Exif_JPEG_PICTUREADAMAZ HOUSEの看板。いつも、路地の入口にロッティー売りがいた。

 

Exif_JPEG_PICTURE

卵を生地で巻いてココナッツソースをかけて食べる。おやつには最適。ロッティーエッグは20バーツ也。

 

Exif_JPEG_PICTURE

この路地の先にホテルがある。

 

部屋の窓からモスクが見えるという点からも察しは付くと思うが、この周辺にはイスラム教徒の姿がちらほら。

ロッティー売りのおばちゃんもベールをまとっていたのでムスリムだろう。

カオサンロードのそばにムスリム居住区があることは、今回たまたまの新発見であった。

 

ちなみに、テロの嵐が吹き荒れる昨今の世界情勢から、こうしたムスリム居住区を物騒なエリアと誤解される方も中にはおるかもしれないが、ムスリム居住区=危険地帯という図式は言うまでもなくナンセンスであり、したがってそうした理由からこのエリアのホテルへの滞在を躊躇するのもまたナンセンスだろう。

アダマスハウスの予約はこちらから。

ここで紹介した二つのホテルは王宮やワット・ポー、ワット・アルンなどの主要観光地へも近くアクセスは申し分ない。
カオサン観光も含めて、このあたりへの滞在を考えているのなら是非試してみて欲しい。
また、このエリアからさらに北へ数キロ行くとテーウェートという隠れ家的なゲストハウス街があり、このエリアを拠点に観光を楽しむのもいいかもしれない。

-カオサン, ゲストハウス, タイ, バンコク, ホテル

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

関連記事

旅行先で糖尿病を悪化させない。タイのひとり旅で意識したシンプルな3つこと。

  2013年一月の初めてのタイの一人旅。行きの経由地、上海までのフライト中に私は低血糖症に襲われた。 帰国後の2013年の4月に境界型糖尿病と宣告された。 それからすぐに治療を開始して3カ …

チェンマイの夜遊び。ゴーゴーバーとバービア街を彷徨い歩く。

  夜のチェンマイを歩いてみた。 煌びやかで荘厳な仏教寺院を筆頭に「昼間の観光地」としての色合いが強い古都チェンマイだが、日が落ちれるとピンクのネオンが灯る一角もちゃんと存在している。 バン …

ローカル色満載、タリンチャン水上マーケットとバンコク市内からの行き方。

バンコク三大水上マーケットの一つ、週末のみオープンのタリンチャン水上マーケット。     タイ人にも人気、アンパワーやダムヌンサドゥアック水上マーケットに比べて規模は小さめ、そのた …

そのボーイッシュなバービア嬢は、ある強烈なコンプレックスを抱えていた。

タイ、イサーン地方の田舎町、ウドンタニー。夜、年配のファラン(欧米人)の姿が目立つ通りにある一軒のバーに入った。その他にもいくつかバーはあったのだけれど、店の女と目が合い、彼女に捕まったからそこにした …

パタヤの夜遊び。エリア別の特徴、店の料金、システムから治安までレポ―ト。

      バンコクから南東へバスで約2時間、世界屈指のビーチリゾート地パタヤがそこにある。 灼熱のビーチ、マリンスポーツ、立ち並ぶ高級ホテル、そして毒々しいピンクのネオ …