カオサン タイ バンコク

カオサンてどんな街?物価、メシ、集う人、詐欺、主要エリアごとの魅力を紹介。

投稿日:

 

 

 

カオサンロードやその界隈とは一体どのような場所なのか。

物価やホテルの相場を初め、路上に集う人々、また治安や際立った詐欺に至るまで、2016年現在の様子をレポートしていく。

 

 

 

DSCN2990カオサンロード。外国人旅行者やタイの若者で賑わう眠らない街だ。

 

 

 

周辺マップと主要エリア

 

 

 

 

 

カオサンロード。尖っていた「バックパッカーの聖地」は、今や軟な観光地に?

 

 

1960年代のヒッピームーブメントが、閉塞感に苛まれた欧米の若者たちをアジアへと向かわせた。

インド、そしてネパール。どん詰まりの山塊にあるはずの精神世界、彼らはそこにある種の救済を求めた。

 

その後、世界の若者はバンコクへと流れ込んで行き、その果てに、カオサンという世界的なゲストハウス街が形成されていくことになる。

 

日本の若者がバンコク中華街の外れ、7月22日ロータリー周辺に一つの旅の拠点を作っていった。一方で80年代、カオサンには欧米人バックパッカーが集い始め、90年代にはついに世界的なゲストハウス街の地位を確立した。

当初カオサン界隈は「不良外国人のたまり場」という物騒なイメージから、地元のタイ人もあまり近づかないようなエリアだったと言う。

ところが今や観光地化が進みすっかり様変わり、昔の旅人が「カオサンは年々酷くなる」と嘆きたくなるほど、消費的な場所へと成り下がってしまったのかもしれない。

「ガンジャ、ガンジャ」と道行く旅行者に小声で囁く売人や、街角で見かける年季の入ったヒッピーの姿。

それらは辛うじて残るカオサン本来のエッセンスなのかもしれないが、2016年現在、ここは家族連れの旅行者や若いタイ人が遊びに訪れるような異国情緒溢れる街に変貌を遂げた。 

 

ちなみにカオサンロードの「カオサン」とはタイ語で「白米」という意味。これは、もともとこの一帯に米問屋が多かったことに由来すると言われている。

 

 

 

激安ゲストハウスからリゾートホテルまで

 

 

 

 

 

 

世界に名立たるゲストハウス街だけあって、メイン通りから路地裏に至るまで様々なレベルの宿泊施設が密集してる。

特に多いのが、一泊1000円~2000円ほどの安宿だが、中には一泊400円ほどの格安ゲストハウスも隠れており、特にこうした宿には貧乏旅行者や沈没者、外籠り者が長期滞在していたりする。

一方で、新しホテルも次々に建設され、ここを訪れるたびに新しい建物が目に付く。メインのカオサンロードにすら、観光地化を象徴するような一泊4000円以上のプール付きホテルが堂々と聳え立っている。

安宿やホテルを含む多種多様な建物が立ち並び、じつに混沌とした様相を呈している。

 

Exif_JPEG_PICTURE

来るたびに違う景観。カオサンは日々変化する。

 

Exif_JPEG_PICTURE

路地の奥にも、怪しい安宿が隠れている。

 

 

衣類や雑貨

 

旅の必須アイテムから、例えば「偽造学生証」のような違法アイテムに至るまで「旅に必要なものはなんでも揃う」と言われるカオサンだが、今や観光地でもある以上高めに値段設定されているものも多い。

特に衣類や雑貨類は通常の2倍から3倍の値段に設定されている印象。

したがって、ここでしか買えないお土産等を除いて、買い物はあまりお勧めできない。

長期計画の貧乏旅行者でもない限り、カオサンで旅のアイテムを買い足す必要もないだろう。

 

Exif_JPEG_PICTURE

100バーツのサンダル。観光地価格が基本だ。

 

お土産などどうしても欲しいものがあれば必ず値引き交渉をするべき、いや値引きしたって少々高いくらいだろう。

 

お土産ではないが、例えば、サングラスの相場は250バーツ、店員が「値下げできるよ、いくらなら買うの?」とった具合に会話が始まる。

粘った末、200バーツまで下げてもらったが、他の街の一般のタイ人向けの露店で買えば100バーツかそこらで十分に買えるものだったりする。

私はなるべく早くサングラスが欲しかったため、この額で買ってしまった。それでも600円ほどだが。

 

Exif_JPEG_PICTURE

カオサンTシャツ。
Exif_JPEG_PICTURE

空き缶などで作ったトゥクトゥクや象。値段は190バーツほど。この界隈の路上露店で良く見かける代物だ。

 

 

安いパッタイ他、屋台飯

 

 

DSCN304740バーツ前後で食べられるパッタイ屋も。

 

カオサンロードを歩けばガーリックの芳ばしい香りが鼻腔を突く、これには腹の虫が黙っていない。

トッピングによって50バーツから70バーツほど。

少し離れたチャクラポン通り沿いには40バーツ以下に収まるパッタイ屋台、カオ・マン・カイ屋もあったので、色々当たってみるといい。

 

Exif_JPEG_PICTURE

カオサンロードのパッタイ屋。五感を刺激され腹の虫が蠢く。

 

他にもフルーツ、焼き鳥、マンゴーライス、そしてロッティーまでバラエティーは豊富。

 

Exif_JPEG_PICTURE

米党ならマンゴーライスか。

 

 

マッサージ

 

カオサン界隈のマッサージ店の相場は30分で120~150バーツほどだと考えていい。営業時間は朝9時頃から深夜12~1時頃までやっている店も多い。

マッサージの種類はフットマッサージ、バック&ショルダーやボディーマッサージのように分かれている。

 

店の前で施術を受ける観光客の姿はカオサンの定番風景、フットマッサージは主に足裏からふくらはぎの範囲で店の前に並べられた椅子で受けることになる。

一方、ボディーマッサージは店内の個室で整体のような施術を受けることになる。

 

マッサージ師は新人からベテランまで当たりはずれがある。

 

 

Exif_JPEG_PICTURE

タイで盛んなマッサージはもちろんカオサンにも。

 

 

タイにはいわゆる「いかがわしい」マッサージ店が無数に存在している。

まったくもって健全なマッサージ屋もあれば、店の奥や二階の個室で場合によっては淫らな施術を施したりという店舗も珍しくない。

 

カオサン界隈のマッサージ屋はいつも欧米系旅行者で賑わっており、通りからも見える店の前で施術が行われている。

そうした様相だが、ここでも探せばいかがわしい店や交渉可能な施術師も隠れていることだろう。

 

 

 

タトゥーショップ

 

カオサン周辺にはタトゥーショップも多いが、私自身はまったく興味がないので相場はよくわからない。

 

タイの伝統的な入れ墨をサクヤンと言う。

のサクヤンは、仏教的な信仰心や願い、魔除けや厄除けと言った意味合いが強いと言われており、例えば日本の和彫りと同じようにタイの伝統的な入れ墨だと言える。

素人目には、カオサンロードに軒を連ねるショップは伝統的な入れ墨というより観光客相手の手軽なタトゥーという印象。

もちろん興味のある方は覗いてみたらよいが、特に衛生面からこうした場所で彫ることはまずお勧めできない。

例えば、タイの伝統的な入れ墨であるサクヤンは、タイにおけるエイズ感染経路の一つとして指摘されているが、観光客相手のタトゥーショップはなおさら「常連客」を相手にしていない商売故、衛生管理に大きな不安が残る。

 

Exif_JPEG_PICTURE

あまりに安っぽい柄を体に刻むのは理解に苦しむ。

Exif_JPEG_PICTURE

タトゥー屋の客引きはミャンマー人だった。こちらが日本人と分かるとなぜか「コマネチ!」を一発。中国や韓国の旅行客もわんさか、なのに日章旗で大丈夫か?

ぼったくりアイテム、鮮度の悪い昆虫食屋台

Exif_JPEG_PICTURE

10バーツ要求されないぎりぎりの距離から素早く撮影。

夕暮れ時 、カオサンロードに現れたのは魑魅魍魎の屋台車。バッタ、タガメ、ゲンゴロウ、そう、虫料理屋台だ。
怖いもの見たさか、途端に好奇の視線の集中豪雨。
思わずスマホをかざしパシャッと一枚行きたいところ、だがカメラを向ければ用心棒の制止、「10バーツ」払え、と要求される。
向こうでは別の売り子、ウェイトレスの様に片手に乗せた銀皿は串刺しのサソリだらけ、旅人のチャレンジ精神を刺激して辺りを歩く。
 
タイをはじめ、東南アジア諸国において昆虫食は非常に盛んだ昔は貴重な蛋白源だったが、今もスナックとして親しまれている。
 
北部のチェンマイや山岳少数民族、東北(イサーン)地方が昆虫食のメッカと言われ、季節によって旬の虫料理が味わえる。大都会バンコクの街角にも冷凍ものを調理した虫露店が各所に現れるわけだが、ここカオサンでは「写真代」すら取られるぼったくりアイテムとして大活躍。
 
物珍しさからカメラを向ける旅行者だらけだが、写真料金だけで10バーツ、素揚げにされたタガメやサソリ、バッタやコオロギの値段も一般の虫屋台より高めの設定。しかも、田舎で出会える新鮮な食材とは違い卸経由の冷凍物、場所がカオサンと来れば味より物珍しさで売れるわけ、だから必然鮮度は求められない。
夕方、カオサンから少し離れた路地で見た光景。虫が乗った屋台車、そこで手際よく選別作業をする露店商。(あ、昨日の使い回しってことか)。。
 
新鮮なら酒のつまみもあり、中には口に合うものも、だがカオサンで買うのは避けたいところ。

山岳民族やチェンマイからの売り子

Exif_JPEG_PICTURE

タイ北部、山岳民族風の恰好をした売り子。

北部の村の朝を思い出す。
 
民家の板張り壁の隙間に光が入り込み、外が明るくなりだしたころ、カレン族の村はもはや鶏の鳴き声が聞こえないほどに、ウシガエルのだみ声に支配された。
 
騒がしい夜のカオサン、どこからともなくカエルの鳴き声。
しかし、その音はどこか軽やかで美しい。
 
少数民族風の恰好をし、工芸品をぶら下げた女性たちが、土産品の木製牛蛙の背中を擦りながら売り歩く。 それはチェンマイのナイトマーケットでもおなじみの音だ。
 
タイ北部にはもともとミャンマーやラオスにルーツを持つ複数の山岳少数民族が暮らしている。
中でも、カレン族とラフー族の村には滞在経験があり、モン族の村も覗いたので彼らには若干の親しみがある。
 
生活スタイルには若干の差異が見られる。
 
例えば銀行口座などを持たず、街に降りるのは数カ月に一度の買い出しのみ、バイクが主な移動手段だが、ほとんど自給自足に近い暮らしをしている村。はたまた、活発な経済活動のもと、現代的な家屋に住み、車を所有している者も多い集落。
 
観光客を積極的に受け入れ、大きな収入源としている村もあるだろう。
 
その一方で、街へ定住し工芸品などを売る者や、出稼ぎ者としてなんだかの職に就くという少数民族の個人的な流動もある。その出稼ぎの流れはチェンマイのナイトマーケットのそれであり、うち一筋は、ここカオサンにも届いているようだった。
パタヤのビーチロードですら、そうした売り子の姿はある。
 
カオサンで彼女たちの素性を直接確かめたわけではない。
どこから来たのだろう?
 
北部の村なのか、ミャンマーから出稼ぎに来た少数民族なのか、もしくはどこかの街のタイ人なのか。一人ひとり尋ねてみれば、そのどれもが当てはまるのかもしれない。
 
ちなみに、カオサン界隈の露店商や土産屋の多くはタイ人よりも周辺諸国からの出稼ぎが多いと聞いた。ホテルのフロントにいたタイ人女性いわく、ミャンマー、ラオス、カンボジア、ベトナムという順なのだとか。
 
直接何人かに尋ねたが、やはり「ミャンマーから来た」と答えるものが圧倒的だった。
 
すでに登場した「コマネチ」もミャンマー人だったし、これから登場する「ヤマモトヤマ」もミャンマー人だった。
 

ドラマ、映画の撮影

Exif_JPEG_PICTURE

ゲリラ撮影していたクルー。

カオサンロードの一角に、人ごみが出来ていた。
(何事だ?)
 
その人ごみの奥で、一台の車がエンジン音を轟かせ噴煙を巻き上げている。
 
カメラマンらしき人間がちらほら、遠巻きに様子を伺っていたが、どうやら何かの撮影をしているらしい。それなら、と恐る恐る近づいてみる。
 
役者なのだろう、道の脇で二人の男がなにやら切羽詰まった会話、そして走り去る。そのシーンの撮影は無事終わったのだろう、いったん現場の緊張が解け、関係者が道に混ざり合った。
 
これもカオサンならではの光景だろうか、特別な警備も姿もなく、ゲリラ撮影のようだった。

カオサンロード周辺の治安

 

カオサン界隈の治安は基本的に良好、他の地域に比べて特別に物騒、柄が悪いといったことはない。

ただし、旅行者が集まる土地柄ゆえ、彼らを狙った詐欺や犯罪も溢れており、事前の情報収集や海外において必要な最低限の警戒を怠った時に巻き込まれてしまう。

この界隈で有名な詐欺や犯罪を紹介して行きたい。

 

 

高級スーツ詐欺

 

Exif_JPEG_PICTURE

カオサンでわざわざスーツを買う旅行者なんているのだろうか?

 

カオサンロードにはなぜかスーツ店が少なくない。しかも「高級スーツを安く買える」という触れ込みで外国人旅行者をターゲットに売り込んで来る輩がうようよしている。

彼らは炎天下でもスーツにワイシャツ姿でカタログ片手に近付いてくる。短パンにTシャツ姿の旅行者にスーツを売りつけようとまとわりつく光景にも違和感を感じなくなるほどカオサンは混沌としている。

私の聞き込みによると彼らの多くはミャンマー人。一人ひとり面構えを見ていくと、やはりどこか怪しい顔ばかりだ。

 

こちらが日本人と分かると自分の知っているわずかな日本語を連呼して気を引こうとする。私に声をかけて来た男は「ヤマモトヤマ」の使い手だった。とにかく「ヤマモトヤマ」を連呼しながら自称「高級スーツ」を売りつけようと迫って来るのだ。

いやはや、不思議だ。

 

「上質なスーツをすげえ安く買えるぜ?」と、こんな風。悪いがその面、いかにもうそ臭い。

「普段スーツは着ないんだ」と断ると「一着くらいは持っておいた方がいい」なぞと食い下がる。

「これからどこへ行くんだ?」、諦めさせるために「アンコールワット」などと言ってあしらう。すると今度は「またバンコクに戻るんだろ?今買っておいて後で取にくればいいじゃないか?」としつこい。

こんな感じの押し問答、いやいや粘り強いわけだが、どうやら彼らは「高級スーツ詐欺」を実行する詐欺師たち。カオサンで買ったはずのものとは別のボロボロのスーツがあとで日本に届くんだとか。

ことに真相はさておき、くれぐれも騙されないように注意したい。わざわざカオサンでスーツを新調する日本人などまずいないだろうが。

 

王宮休み詐欺

 

カオサンロードの南側を走るラーチャダムヌーン・クラーン通りで声をかけられたのがかの有名な「王宮休みだよ」詐欺。

路肩に停まったトゥクトゥクの運転手。「どこへ行くの?」「王宮(ワット・プラケオ)」と答えると「今日は特別な行事があるから王宮は休み」とか「今日は午前中パレードがあるから午後からしか入れない。どうだい、代わりに宝石店へ案内してあげるよ」とか「洋服店に連れて行ってあげる」という風に突飛な提案でぼったくり店へ連れて行こうという魂胆だ。

こうした詐欺は王宮やワット・プラケオ、ワット・アルン、ワット・ポー周辺でも盛んのようで、ガイドブックにも載っているほど有名なもの、事前に知っていたり並みの警戒心があれば簡単に回避できる詐欺だが、いまだに無くならないというのは被害者が少なくないということだろう。

 

ハトエサおばさん

 

王宮前広場によく出没するのが通りがかりの旅行者にハトの餌を撒かせて高額料金を請求するハトエサおばさん。

今となっては笑い話、料金こそ払わなかったものの、私も過去にまんまと餌を撒かされた口。その時の詳細はこちらの記事にまとめてあるので暇つぶしに読んでみて欲しい。

 

「女、マッサージ」

 

また、カオサンロードとチャクラポン通りの交差点に多いのが「女、マッサージ」と声をかけてくるトゥクトゥクドライバー。

一度、物は試しということで若いドライバーの提案する「ツアー」についていったことがあるが、危険こそなかったものの苦い経験となった。

タイで風俗や女遊びに行きたいのなら、ナナプラザやソイカウボーイ、タニヤなど自分で情報収集して行く方が断然よいだろう。下手に紹介者を介すればマージンが発生するため高めの料金でぼられるのが落ちだ。

また、カオサンロードを歩いていると「ガンジャ、ガンジャ」という誘いもたまにあるが、当然興味本位で試すべきではないし、とくにタイの場合は密告制度もある故、そうした輩とはなるべく関わらない方がよいに決まっている。

 

睡眠薬強盗

 

睡眠薬を飲まされる場所やタイミングは様々のようだが、要はカオサン界隈で知り合ったばかりの人間となんだかの形で酒を飲むことになり、グルの店側の仕業かそれとも相手が持参したものなのか、睡眠薬入りの酒を飲まされる。朝になると財布やクレジットカード、そのた諸々の貴重品がない、というお決まりの展開だ。

仕掛けてくる相手が同じ外国人バックパッカーの場合もあれば、美人のタイ人女性の場合もあるが、結局いつも話しかけてくるのは相手の方。

「向こうから話しかけてくる場合は怪しい」というのは危機管理上の大原則だが、旅先での出会いにウキウキ、もしくは美女の色気にメロメロ、それで引っかかってしまうわけだ。

 

例えば「どこでなにを飲むのか」自分で提案する、それが通らないようでは何かしらの魂胆を疑うべき、これも一つの方法だろうか。相手が主導権を離したがらない場合、仲間の待つ場所やグルの店に連れて行かれるのではという疑念が浮かぶ。

 

カオサンにはいくつかクラブがあり、売春婦が客をハントするスポットになっていたりする。

店で働く娼婦のように一定のしがらみがない分、個人で客を取ろうとするフリーの売春婦はいろんな意味で危険だと考えた方が無難だろう。

逆ナンを装い、どこかのタイミングで睡眠薬入りの飲み物を飲ませる、もしくはそれを塗布した食べ物を食べさせる。相手が寝てる隙に窃盗を企てる女性やレディーボーイもタイではまったく珍しくない。

こうした犯罪は欧米人も含め全旅行者がターゲットになっており、実際に多くの被害が報告されている。

 

いかさま賭博

 

カオサンロードの入り口付近で中年のアジア系男性に声をかけられた。「その靴、いいよね、私の娘のと同じだ!」。

(だから何だい?)という如何にも怪しいとっかかり、だがまだ若く初心な旅行者、優しく親切な人は徐々に会話に引き込まれてしまう。

 

「君はどこから来たの?」

「日本です」

「やった!私の娘は日本に行きたがっているんだけど、彼女に色々と日本の事を教えてあげてくれないか?」

 

などという展開から、サウジアラビアとタイのハーフで43歳というやけにフレンドリーなそのおじさんは、一緒に食事をする約束を取り付けようとする。

 

「明日スクンビット駅のターミナル21(ショッピングモール)の前に12時でどうだい?」

「OK」、一応メモしてそこで別れた。

 

怪しくもちょっと行ってみようかなという好奇心の疼き、しかし時はちょうどデモの真っただ中、バンコクの各所がデモ隊で占拠され、テロの心配もあった頃、人が集まる中心部に行くのは気が引ける、どうしようか。

結局、時差のせいか寝過ごした私は、もう彼に会うことはなかったわけだが、これが有名ないかさま賭博の序幕だったらしい。

最終的には家に招かれ、家族を装った共犯者たちとのトランプや賭け事の一員に。いかさまで負かされ、現金や金品を収奪されるという被害がちょくちょく出ているらしい。

 

 

 

カオサンロード以外の主要エリア

 

 

 

ラムプトリ通り

DSCN3028

 

カオサンロードの一本北側を走るのがラムプトン通り。

カオサンよりも道幅が狭く、土産物屋の数がぐんと減り、昼間はより静かだが、夜になるとレストランがにぎわいを見せそれなりに騒がしくなる。

 

余談だが、カオサンロードからラムプトン通りへと抜けるいくつかの細い路地は圧巻だ。

土産物屋が両脇に犇めく賑やかな路地から、先の見えないゾクゾクする路地まである。毎回わざとそうした路地を試して変化を探って楽しむ。

 

路地の小さなバーでは顔見知りのネパール人が働いている。カオサンに来ると毎回挨拶がてらそこへ飲みに行くことにしている。

いつも素敵な笑顔、「ハ~イ、ロングタイムノ~スィ~」と言って握手を求めてくる彼だが、果たして本当にこちらのことを覚えてくれているのか、前回の話などを全くしない故に多少の疑問が残るが、、、。

 

 

 

ワット・チャナ・ソンクラームを取り囲むゲストハウス街

 

DSCN2963

 

寺院、ワット・チャナ・ソンクラームを取り囲むようにコの字に走り、塀沿いに生い茂る豊潤な緑と、その木陰が安堵を与える落ち着いたゲストハウス街。

 

それなりに人通りはあるものの、カオサンロードの狂騒とはほとんど無縁、日没後多少騒がしくなるものの、まあ静かに過ごすことの出来るエリアとなっている。

激安宿よりも中級レベル、レストラン併設の小奇麗なゲストハウスが目立つ。マッサージ屋、土産屋も点在するがカオサンのような猥雑さに乏しく、大人の雰囲気が漂う通りと言える。

この通りの一番奥の安宿には毎回必ず泊まり、その周辺の食堂群も行きつけになっている。

 

DSCN2959緑が生い茂る、日陰の豊富な通り。地面も平板をはめ込んだ丁寧な作り。

DSCN3993夜、ワゴン型のバーも現れる。

 

夜、チャクラポン通りと交わる側の通りは、ライトの装飾が幻想的ですらある。

 

 

タナオ通り(バンコク旧市街の名残)と東側の安宿街

 

 

Exif_JPEG_PICTURE

タナオ通り。ジュエリー、アクセサリーショップが軒を連ねる。

 

あまり知られていないことだが、今でこそバンコクの異国情緒と化したカオサン周辺、じつはこのエリア「旧市街」と言えるほど歴史の深い場所でもある。

その歴史を象徴するのがこのタナオ通りで、やけに整った建物の連なりは150年以上も前のラーマ五世の時代に計画的に作られたもの。

このタナオ通りはこのまま南へと延びており、いずれたどり着くプレーン・プートン通りはタイムスプリップしたかのように当時の面影が漂っている。

 

Exif_JPEG_PICTURE犇めき合うジュエリーショップ群。

 

カオサン周辺はドコモそうだが、このタナオ通りの東側もゲストハウス街になっている。

 

Exif_JPEG_PICTURE

タナオ通りから東へ伸びるソイ(路地)、ダムヌーン・クラーン・ヌア。200バーツ以下で泊まれるゲストハウスもある。

 

タナオ通りの東側に伸びるダムヌーン・クラーン・ヌア通りにも安めのゲストハウスが隠れている。

カオサンまではわずか数分の距離、しかも喧騒からは距離を置けるので、安く静かに過ごしたいならこちらのエリアをアジトにするのも悪くない。

 

 

 

-カオサン, タイ, バンコク

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

関連記事

タイ料理好き?なら虫料理も食べれなくちゃ。

スーパーの冷凍食品コーナーの一角を陣取るカイコの蛹やらコオロギたち。カエルやワニの肉などもある。 私はもともと「珍味」と呼ばれる類の食に強い興味を持っている。だから、いつでも新しい食との出会いに期待し …

バンコクからアユタヤーへロットゥー(ミニバン)で行く方法とその他の交通手段。

      ユネスコ世界遺産にも「古都アユタヤ」の名で登録されているアユタヤー遺跡群。   バンコクから北へ80キロほどの位置にあるアユタヤーには、バンコク中心 …

「褐色」からの逃走?タイの美人観について。

「白い肌」に憧れる人々 あなたの肌は透き通るような色白だろうか?それとも健康的な小麦色の肌をしているだろうか? 日本人はいわゆる「黄色人種」に分類されるが、じっさいには黄色と言うよりはもう少し白みがか …

ゴールデンウィーク人気のバンコク。「東洋のベニス」の面影を堪能せよ!

みなさん、今年のゴールデンウィークのご予定はお決まりだろうか?海外旅行を予定している方の中には、タイのバンコクでの休暇を考えている方も多いかと思う。 タイは世界中から年間2200万を越える観光客が訪れ …

安息のゲストハウス街、バンコクのテーウェート。

テーウェート、シー・アユタヤー通り。バンコクの下町に溶け込むようにして、センスの良いゲストハウスが密集している。   静謐さ漂う下町の一角で寛げる。それでいて主要なバンコク観光スポットへのア …