ソイカウボーイ タイ ナナ バンコク ホテル 夜遊び

ナナプラザ、ソイカウボーイ周辺のお手頃ホテル。

投稿日:2016年5月15日 更新日:

 

 

 

タイを代表する夜遊び、とりわけ風俗関係で言えば「ゴーゴーバー」は有名だろう。

 

例えばバンコクなら、地下鉄BTSナナ駅からほど近い「ナナプラザ」や、お隣のBTSアソーク駅から目と鼻の先にある「ソイカウボーイ」が、ゴーゴーバーの犇めく代表的、中心的夜遊びスポットになっている。

艶やかなネオンに吸い寄せられるようにして、連日外国人観光客がひっきりなしに訪れる。

 

DSCN5619コの字型にゴーゴーバーが犇めくナナプラザ。外国人旅行者、日本人の姿も多い。

 

 

こうした場所で夜遊びするのなら、その界隈にあるホテルへの滞在がなにかと便利だ。

 

もし気に入った娘と過ごすことになった場合、ホテルまでの距離や部屋の良し悪しは気になるところ。

 

あまり離れた宿だと嫌悪されかねず、お粗末なホテルでは雰囲気も白けてしまいかねない。

 

そうなると理想は「徒歩圏内」、タクシーやトゥクトゥクを拾う場合も5分以内、しかもチープ過ぎないホテルだ。

 

というわけで、ナナプラザ、ソイカウボーイそれぞれの周辺の、ロケーションも良く、宿泊料金も手頃な夜遊びするのに「ちょうどいい」と思われるホテルを一つずつ紹介してみたいと思う。

 

ズームイン、ズームアウトして各場所を確認してみて欲しい。

 

 

 

ナナプラザ周辺、奇抜で派手なHeaven@4

 

 

DSCN5608

 

 

赤を基調とした派手で奇抜なデザイン、明るいスタッフの多いヘブン アット 4 ホテル (Heaven at 4 Hotel)という現代風ブティックホテル。

 

このホテルはナナプラザの目の前の通り、スクンビット・ソイ4を南に5分ほど歩いたところにある。

 

私が宿泊した部屋のタイプは”Superior”で朝食付き。

 

 

気候もよく過ごしやすい11月~4月の間がタイ観光の「ハイシーズン」になっており、観光地のホテルは部屋の料金設定が上がるのに対して、5月~10月頃の「オフシーズン」なら割安になる。

 

1月末はタイ観光のピークシーズンに当たったわけだが、この部屋は一泊5000円ほどだった。ちなみにジョイナーフィー(宿泊者以外の招き入れ)は無料。

 

このHeavan@4 Hotelは、明るく若いスタッフが多く対応も丁寧、向こうから気さくに声をかけて来てくれたりと、宿泊客を気遣おうという姿勢が程よく伝わって来て好印象を持った。

 

1階と2階のテラスはレストランやバーになっており、夜はここで過ごすのも楽しそうだ。

 

言語は、英語とドイツ語、タイ語が通じる。

 

この晩は外出し、朝帰りになってしまったのでホテルで過ごす時間がほとんどなかった点が少々残念ではあった。

 

DSCN5570一階のロビー。スタッフは若めで気さくな方が多い。

DSCN5531Superior Room。

DSCN5540TV、エアコン付き。時間がなくてスナックを食べ損ねた。

DSCN5533トイレ。左側がガラス張りのシャワールームになっている。

DSCN5546このソファーベットは好印象。

DSCN5559朝食はこんな感じの普通のもの。

DSCN5561エレベーター内の壁にはこんな手作りの絵が貼ってあった。”Our World, Our Heaven.”

 

 

ちなみに、デラックスタイプ以上の部屋には、バスタブやバルコニーが付いている。

 

詳しくは直接ホテルのページをチェックしてみて欲しい。

 

 

 

ソイカウボーイ入り口そば、シックなWellness Residence

 

DSCN5642

 

ソイカウボーイの入り口から徒歩1分という好立地のウェルネス レジデンス (Wellness Residence)

 

すぐ隣にはセブンイレブンもある。日が落ちるとソイカウボーイの入り口付近には簡易のバーが現れ、夜も耽るとゴーゴー嬢や観光客で賑わいを見せる。

 

Wellness Residenceは外観も内装も新しさこそないもの落ち着いたデザインで、部屋、水回りともに手入れが行き届き清潔感がある。

 

フロントに女性のスタッフが一人、エレベーター付近にエレベーターボーイが一人いて両者ともに親切だ。

 

“Superior Room”で朝食無し、同じくピークシーズンで一泊4800円ほど、ジョイナーフィーは無料だ。

 

アソーク交差点付近、騒がしい大通りに面しているわりに部屋の中はとても静かで寛げる。

 

 

DSCN5635シックなデザイン。

DSCN5640

写真では見えないが、バスタブ付きだ。

DSCN5636

DSCN5633窓からの眺め。BTSアソーク駅がうかがえる。すぐ近くにはMRTスクンビット駅もありアクセスは申し分なし。

このホテルは、BTSアソーク駅やMRTスクンビット駅にも近く、周辺にはターミナル21ショッピングモールやロビンソンデパートも構えている好立地となっている。

8757031849_16d90c182b_bソイカウボーイ。ウェルネスレジデンスはここから徒歩一分。Photo by Eustaquio Santimano

地図を見てもらえれば分かるのだが、ナナプラザとソイカウボーイの距離はそれほど遠くはなく徒歩だと10~15分ほどで着くことができる。

したがってそのどちらで夜遊びをするにせよ、ここで紹介した二つのホテルは共に歩いて帰ってくることができる距離になる。

ただし、連れの女性がいる場合は、タクシーやトゥクトゥクを拾ってなるべく歩かせないようにしたほうがスマートだろう。

バンコク市内観光という面からみてもこの界隈のアクセスは非常によく、昼間の観光と夜遊びの両方に事欠かないはずだ。

ハイクラスのホテル

 

高級ホテルのサービスやアメニティーそのものを楽しみたいという需要もたくさんあることと思う。

くわえて、気に入った娘がいた場合のことを考えると、中級以上のホテルを取っておいた方がウケがいい可能性は高い。

この界隈にあるハイクラスのホテルで好立地、1泊1万円代の部屋が用意されているお手頃さを兼ね備えているのは、

例えば、ソイカウボーイのちょうど向かい側、アソーク駅の目の前に聳え立つグランド センター ポイント ホテル ターミナル 21

もしくは、ナナプラザとナナ駅の中間あたりに位置するザ ランドマーク ホテル バンコクといったところだろうか。

これらのホテルなら、市内観光へのアクセス、夜遊び、そしてホテル自体のクオリティーという面から見ても間違いのない選択肢だと思う。

-ソイカウボーイ, タイ, ナナ, バンコク, ホテル, 夜遊び

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

関連記事

ゲイはタイを目指す。世界屈指の「ゲイフレンドリー」な国。

  ご存じの方も多いと思う、レインボーフラッグ。LGBT(レズビアン・ゲイ・バイセクシャル・トランスジェンダー)の尊厳と彼らの社会運動を象徴する旗である。豊かな色彩は多様性を意味する。 &n …

「褐色」からの逃走?タイの美人観について。

「白い肌」に憧れる人々 あなたの肌は透き通るような色白だろうか?それとも健康的な小麦色の肌をしているだろうか? 日本人はいわゆる「黄色人種」に分類されるが、じっさいには黄色と言うよりはもう少し白みがか …

パーイ観光。「北のカオサン」の様子と中国人村探訪。

タイ北部山間の町、パーイ。 もともとチェンマイとメーホーンソーンを結ぶバスの休憩地点として発展してきたパーイは、風光明媚なのんびりとした町。 「北のカオサン」や「バックパッカーの憩いの場」と呼ばれたり …

旅を仕事にするとは?その方法や私の目指すこと。

photo by Robert Couse-Baker   ここ数年のあいだに「旅を仕事にする」という考え方がずいぶん広がったのではないだろうか。以前に増して、ネットや書店でよく目にするよう …

タイのゲイと売春。その青年はバンコクで体を売ることを選んだ。