バンコク、センセーブ運河ボートの乗り方。渋滞をしり目に「死の水」を滑る。

  かつて「東洋のベニス」と呼ばれたバンコクだが、今、庶民の暮らしに根差した水路というのはもうそう多くない。   そんな中、バンコクを東西に走るセンセーブ運河ボートは、数少ない現在 …

HIV感染後一年でエイズ発症?早期発見の重要性と検査方法。

2017/02/06   -HIV, 日本, 病気・怪我

          タイのエイズ事情という記事を書いて以来、自分の中でHIV感染やエイズについての関心が以前よりも高まった。     その後、日本のHIV感染やエイズの現 …

バンコクのカンボジア大使館で観光ビザを取るには?

2017/01/28   -カンボジア, ビザ

  タイの場合、日本国籍であれば、30日以内の観光目的の滞在をビザ無しで認めている。 ところが、お隣カンボジアの場合、観光には観光ビザの取得が必須となる。   今回、バンコクから国 …

タイのお土産を扱う通販サイト3選。もう買い忘れも怖くない。

2017/01/25   -お土産, タイ

      カオサンの路上商店。       タイ旅行からの帰国後、さてとお土産の選別をしてみれば、職場用の品を買い忘れたことに気がつきゾっ …

パッポンの風俗。空中ゴーゴーバーから場末の連れ出しバーまで潜入取材。

  夕方、開店前の店先には供物。「商売繁盛しますように、たくさんペイバー(連れ出し)されますように。そうみんなお願いするのよ」とバーの女性は言った。       …

あの村は今夜もきっとアヘン臭い。チェンセーンからゴールデントライアングルへの行き方。

    ゴールデントライアングルを見てきた。ほとんどの人が一度は聞いたことがある名前だと思う。   ゴールデントライアングルは「黄金の三角地帯」と呼ばれた世界最大の麻薬密 …

バンコクから直通バスで楽々シェムリアップへ。国境のビザ詐欺師や賄賂に要注意。

    タイの旅の間、お隣カンボジアのシェムリアップへ足を伸ばした。 世界遺産、アンコール遺跡を観光するためだった。 バンコクのモーチット2バスターミナル(北バスターミナル)からシ …

シェムリアップの風俗。レストランに娼婦?凸凹道の奥に現れた怪しい館は?

      シェムリアップの夜遊びスポットは欧米人で賑わうパブストリート、という事になっている。 まるでバンコクのカオサンの一部を切り取って磨いたような一角には、欧米人向きのおしゃれなパブや …

シェムリアップの男旅、四泊五日の予算はいくら?

    シェムリアップは世界的な観光都市。一方で、土埃の舞う、東南アジア風情が残る街だった。     ざっと五万五千円かかった。   結論から言うと、アンコール遺跡群観光 …

アンコールワット遺跡観光の手引き。定番コース「大回り」と「小回り」、見学レポートまで。

  カンボジアのアンコールワットを観光してきた。 タイのバンコクからバスでカンボジアのシェムリアップへ。シェムリアップはアンコール遺跡観光の拠点となる町で、中心となる遺跡群からは約6キロほど …