タイ 未分類

あなたもムエタイ音楽の不思議な魅力を味わってみては?

投稿日:2013年8月20日 更新日:

今年の年始にうまれて初めてタイに行って来た著者。2週間の独り旅だったのだが「蟲料理を食べる」という珍奇なテーマと共にタイを歩き回った。そんな中、チェンマイに滞在していた折り、道を歩いているとたまたま渡されたチラシには「Muay Thai Real Fight」。その夜特に予定もなかった著者はその足で会場へと向かった。(詳しくは→タイ、チェンマイのムエタイ会場で隣の席に座って来た男。彼は一体?

熱気に包まれた会場で独りムエタイを初体験。なかでも試合中に演奏される独特の軽快な音楽。縦笛とそれを追いかける太鼓と鐘。

躍動するファイターに絡みつき一体化すると試合の流れに息を合わせ緩急するリズムが場内に漂っていた。鼓膜から侵入すると体の深奥まべひゅるひゅると流れ込み、後頭部の辺りからからじわ~っと興奮が湧き立ってきたのを覚えている。ウイスキーの酔いがまたそれを促した。

著者が撮った映像ではないけれどいいのを見つけました。

ムエタイ 音楽

 

-タイ, 未分類

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

関連記事

かっとなって発砲!タイは射殺事件が絶えないアメリカ並みの銃社会。

        微笑みの国は射殺事件のオンパレード       微笑みの国と言われているタイですが、実はアメリカ並みの銃社会なので …

no image

バンコクのゲストハウス。ルンピニーのおんぼろ安宿に9日間滞在する。

  カオサンとは対照的に閑静なルンピニーのゲストハウス   ルンピニ公園そばのゲストハウスに合計9日間宿泊した。 ここは一泊150Bの格安のゲストハウス。 安いだけあって、薄暗い宿 …

タイの風俗「マッサージパーラー」。訪泰初日のちょっと怖い思い出。

photo by Jake Pierson   これは2014年2月頃の話です。 カオサン通りでトゥクトゥクに捕まり「小ツアー」へ 二度目のタイ。これはバンコク初日の夜、一人散歩に出かけたと …

バンコク、センセーブ運河ボートの乗り方。渋滞をしり目に「死の水」を滑る。

  かつて「東洋のベニス」と呼ばれたバンコクだが、今、庶民の暮らしに根差した水路というのはもうそう多くない。   そんな中、バンコクを東西に走るセンセーブ運河ボートは、数少ない現在 …

バンコク散歩。路面に「地底への入り口」があったりして飽きない。

    バンコクの同業者   私は日本で土木業(道路舗装)の経験があるものだから、バンコクで遭遇した同業者に思わずシャッターを切ってしまいました。観察していると、作業内容 …